なが~~~いお付き合い

先日、荷物が届きました
国際便です
でも、最近はアメリカにオーダーしてないぞ・・・
と思いながら、差出人を見ると

知人の名前が書いてありました

むか~~し、娘たちがまだ幼い頃、海外にはなかなか行けず、でも子供たちに日本人以外の人と接する機会を持たせたい・・・と思った私は、ホストファミリーになりました

最初はだんな様が猛反対・・・
自分の生活リズムを壊されたくない・・・云々・・・

で、私が一言
「でもさ、やってみてから決めてもいいんじゃない? 一度体験して、それでイヤだったらもう二度とやらないから・・・」と半ば強引に説得して、ホームステイの受け入れをしました

その時の最初のゲストです
彼女は香港出身の、当時は日本語を一生懸命勉強している学生でした

今NZに住んでいる娘が1歳だったときのことです

彼女は最初1ヶ月の予定で、ホームステイに来ました

すると・・・我が家のだんな様とも無事に気が合い、さらに1ヶ月予定を延ばして、トータルで2ヶ月我が家に滞在しました

その後も友人やお姉さんを連れて、日本に遊びに来て何回も我が家に滞在しました

彼女は今、結婚して台湾に住んでいます

その彼女から・・・

スカーフ

娘二人と私に、とスカーフが送られてきました
彼女は今でも私のことを「おかあさん」と呼びます
「おかあさんと、○○と、××に・・・」と書いてありました

素直にうれしいです
初めてのホームステイのゲストと一生のおつきあいができるなんて・・・・

スカーフ

2009年には、私が台湾に遊びに行きました

その時に彼女のご主人は、私たちに一切の食事代を払わせず、一緒に食べた食事代は全部彼が支払いました

最後の日の夕飯を食べ終わったときに
「本当にお世話になったから、ここは私に払わせて」
と言ったのですが、彼は
「妻がたくさんお世話になった、その人にお金を払わせるなんてとんでもない」
と言って、すべて支払ってくれました

ステキな彼女が選んだご主人も、とびきりのステキな人でした

 ランキングに参加しています  下のマークをぜひ、ぜひ、ワンクリックおねがいします  ブログを更新する元気のもとになります 

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

これまた、すてきなお話ですね。

ホームスティを受ける・・これも国際交流ですよね。
今回 ホームスティをしてみて、
本当に 受ける側は大変だと、
そして それを喜んでできないと無理だと思っています。

Sakasayoさんも お子さまが小さい時に
よく受けられましたね。
すばらしい。

日本にきている高校生あたりと
生徒さんたちを交流させたいと
昨年はメールをいろいろなところに送りましたが、
どこからも返事がありませんでした。

できれば 日本にきている間の何日か
いっしょに出かけられるといいのにと思って。

日本のこどもたちに 自分も接することで
きっと発見があるとおもうのですが・・。
私のように・・。

素敵なお話ですね^^
泣けてきました~♪

そんな、お付き合いが出来るなんていいですね^^
ホームステイ、ホント大変だけど、子供達にはいい経験になるのは間違いなし!だと思います。。

今日も、ホームステイしてくれた人に会います。
もしかしたら、明日も会う事になるかもです。。まだわかりませんが。。

もし子供達も一緒に出かけたらブラッシュUP間に合わないかも~汗
お兄の、プライベートだけは参加したい(><)。。
また連絡しますね^^

東日本の震災の折、台湾から多額の義捐金が送られましたが、これは過去の地震の時の日本からの支援を忘れなかったからだそうです。

こんなふうな暖かい心の交流は大切にしなければと思いますが、Sakasayoさんはそれを自ら実践されているのですね。
尊敬です!

人と人とのご縁って不思議ですよね。
大切な人でもほんのチョッとタイミングがずれてたら出会わなかったかもしれないんですもんね。
ご主人は台湾の方なのかな。
台湾の人って日本人と似てますよね。
親友が台湾人と結婚してるんだけど、結婚式で親戚の方々が本当に
温かくてなんだかほっとしました。

これからもずっとおつきあい続けてくださいね~

Re: タイトルなし

Tamirinさんへ


> これまた、すてきなお話ですね。

ありがとうございます
>
> ホームスティを受ける・・これも国際交流ですよね。

はい、りっっぱな草の根活動ですよね

> 今回 ホームスティをしてみて、
> 本当に 受ける側は大変だと、
> そして それを喜んでできないと無理だと思っています。

そうですね
楽しまなくちゃできません
でも、受け入れた人から多くのことを学びましたよ
彼女からは勉学に対するハングリーさを学びました
>
> Sakasayoさんも お子さまが小さい時に
> よく受けられましたね。
> すばらしい。

友人に言わせると「アホ」と言うことらしいです
でも、今だと絶対に長期は受けられません
3年前まで、1年に2回ほど、アメリカの大学生(ヤングアメリカンズ)のホームステイを受けれていましたが、あれはたった4日間ほどですので、「お客様」のまま帰ってしまいますね
2ヶ月もいると、本当に「家族」になれるんですよ
もちろん家事も手伝ってもらうし・・・
どうせなら、長期の受け入れをした方が、お互いに親密になれて良いと思います
今じゃ、とってもできないけど・・・

Re: タイトルなし

ナチュラルママさんへ

> そんな、お付き合いが出来るなんていいですね^^
> ホームステイ、ホント大変だけど、子供達にはいい経験になるのは間違いなし!だと思います。。

そうですね
本当に良かったと思っています
色々な国の人たちの普段生活を見ていたから、外国で生活するのにまったく抵抗のない子供に育ったのだと思います
そして、○○の国に行くときには、××に連絡を取って会いに行こう・・・
なんて思えるのがステキなことなんですよね

Re: タイトルなし

ミセス・マープルさんへ

> 東日本の震災の折、台湾から多額の義捐金が送られましたが、これは過去の地震の時の日本からの支援を忘れなかったからだそうです。

なるほどぉ
台湾では、お世話になった人に食事の心配をさせることはとっても失礼なことなんだそうです
だから、彼が全部払ってくれたようですよ
>
> こんなふうな暖かい心の交流は大切にしなければと思いますが、Sakasayoさんはそれを自ら実践されているのですね。
> 尊敬です!

いえいえ、自分がやりたいからやっただけ・・・本能と直感で生きております・・・

Re: タイトルなし

Chocoさんへ

> 人と人とのご縁って不思議ですよね。
> 大切な人でもほんのチョッとタイミングがずれてたら出会わなかったかもしれないんですもんね。

そうですよねぇ
あの時、やっぱりやめよう・・・って行ってたら、今頃香港に旅行になんて行っていないと思う
いったい、何回いっただろう???
7~8回かな???

> ご主人は台湾の方なのかな。

そうですよぉ
とっても優しい人です
>
> これからもずっとおつきあい続けてくださいね~

はい、私の命が続く限り・・・おおげさか・・・
インフォメーション   
小・中学生には保護者の方宛てに報告書を渡してあります。ご確認下さい。中学生には夏休みの宿題が出ています。8月26日必着の締め切りです。
プロフィール

Sakasayo

Author:Sakasayo
Sakasayoのブログへようこそ!
こどもに英語を教えて24年
CTPの絵本をコアに、理科、社会、算数、国際理解、環境問題などを英語で教えています

フリーエリア
  ランキングに参加しています。すぐ下のマークをポチッと応援お願いします!! にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

摂氏/華氏 温度変換器
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR