FC2ブログ

10歳から身につく 問い、考え、表現する力

ひっっっっさしぶりに、本の紹介です

10saikara.jpg



筆者は、イエール大を卒業し、イエール大で教員として働き、今日本で英語塾を経営しています

題名に惹かれて、購入
フムフムとうなずきながら読みました

目次の項目でおもしろかったところは・・・・
・読書ノートの作り方
・おすすめの英語絵本
・「英語を学ぶ」から「英語で考える」へ

そして、共感したり、自分にとって新しい発見だったりした文章を書き出しておきます

○イエールが目指す教養教育、それは、ひとことでいえば、どんな困難な状況でも適切に判断を下し、問題を解決し、新しい価値を生み出す原動力となる不動の学びです。

○正解の存在しない時代を生き抜くために必要な力は、新しい価値を発見したり、作り出したりすることができる力です。

○マサチューセッツ工科大学で例年出されているテーマは、「今まで生きてきたうえで、あなたの最大の試練は何でしたか?そしてどのように克服しましたか?」というものです。いずれにせよ、模範解答のありえない問いですから、日本語で書くのだって難しいことでしょう。

○問いかけや間違いは、その数だけ、そこに居合わせた人に新しい視点を与えます。誰かが先生に質問をすれば、同じようなところでつまずいていた同級生が助かりますし、先生に取ってみれば、教え方を改善するトレーニングにもなります。

○アメリカの大学の学生は、非常に多様性に富んでいます。多民族国家であるというだけでなく、大学側も受け入れる学生のバランスに配慮しています。国籍、人種構成、男女比、所得階層、すべてにおいて、なるべく多様性を持たせようとします。

○これまでの受け見え退屈な「学習」から、主体的に問いかける「学問」へと意識を切り替えて欲しいと思います。

○結局は本人の学ぶ意欲と努力、工夫にかなうものはありません。

○母語を獲得するように外国語を学ぶ「イマージョン式」と呼ばれている学習法の効果は、低年齢の学習者ほど高いといわれています。これに対して、文法の学習を通じて外国語を身につけていく方法の効果が徐々に表れてくるのが10歳前後からです。ぼくは年齢臨界説を必ずしも支持しませんし、個人差もありますので、10歳を境に明確に差が出るといいたいわけではありませんが、経験的にいっても、応用言語学の知見に照らしても、10歳以上になれば、徐々に文法を頭の中で整理していくやり方が効果を持ち始めるようです。

○自分が直接体験しなかった痛みや喜びには、人間は恐ろしく鈍感なものです。言葉を学び、知識を身につけることは、文化や空間を超えて共感することのできる感受性を養うことであってほしいと思います。


久しぶりにおもしろい本に出会いました
もっと読書して、自分をみがかなくちゃ!!!

 ランキングに参加しています。すぐ下のマークをポチッと応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この本まだ読んでない~
Sakasayoさんのサマリーで満足感いっぱい。
キケン。。。

Re: タイトルなし

Choco☆さんへ

> この本まだ読んでない~
> Sakasayoさんのサマリーで満足感いっぱい。
> キケン。。。

ふふふ・・・ぜひ読んでみて
実は、次女から連絡あり、次女の教え子のパパが執筆者でした
なんと世間はせまいことか!!!
インフォメーション   
 英検ジュニアの申込は,カラーの申込用紙にお金を添えて、9月29日までにお願いします。
プロフィール

Sakasayo

Author:Sakasayo
ITTY BITTY ENGLISH CLUB のSakasayoのブログへようこそ!
こどもに英語を教えて26年
CTPの絵本をコアに、理科、社会、算数、国際理解、環境問題などを英語で教えています

フリーエリア
  ランキングに参加しています。すぐ下のマークをポチッと応援お願いします!! にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

摂氏/華氏 温度変換器
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR