家の材料から世界を知る

ここのところ、立て続けに「家」のテーマ学習のことを
とりあげています

では、家の材料を知って、何を学ぶか・・・・

それは、世界を知る・・・と言うことです

たとえば・・・・

家

皆さんご存じのゲル

もちろん、この家がモンゴルにあることを学びます
そして世界地図の中でモンゴルの場所を確認します

ここまでは私が子どもたちに与える情報です

あとは子どもたちが考えます

この家は何でできている???

・・・・布でできている
  ピンポ~~ン

じゃ、この家がどうしてモンゴルにあると思う????

・・・・・・

この答えは子どもたちにじっくりと考えてもらいます

まず最初に出てくる答えが
「暑いから」

再度、世界地図でモンゴルの位地を確認すると
北海道と同じくらいの位地にあることがわかります

「あ、じゃ、寒いね」

で、次に出てくる答えが
「雨が降らないから」

そこで私が「そうだねぇ、雨はきっとあまり降らないよね」

すると子どもたちが
「そうだよ、だって雨が降ったら、布の家はぐちょぐちょになっちゃうでしょ」

・・・・と勝ち誇ったような笑顔・・・・

そこで私が
「でも雨が降らない、という理由だったら石じゃだめなの?
 土はどう? なんで布で作ったんだろう?」

と質問すると、また沈黙・・・・

ここから先は「スーホーの白い馬」を国語で学習した
学年は答えが上手にでてきます

私からのヒント
「モンゴルの人達、何か飼っていない?」

「あっっ、馬とか羊を飼ってる」

私 「そうだねぇ、じゃ、馬や羊は何を食べるの?」

生徒 「草」

私 「今いるところの草を、ぜ~~んぶ食べちゃったらどうなる?」

生徒 「他のところの草を食べに行く??」

私 「そうだねぇ  その時、人間はどうするの???」

生徒 「あっっ!!! そうかっっっ!!!」

ここまで来ると、子どもたちの顔が一斉に輝き出します

「動物の後を、追いかけるんだ  家も一緒に持って行くんだよね」
「そうか、布は軽いし、小さくたためるから、便利だよね」
「だから、キャンプの時のテントは布でできているんだ!!」

子どもたちは、自分で答えを見つけた喜びにひたります・・・


こうやって自ら答えを導き出す力を養って欲しいと強く思っています

「わからない」と言って、すぐに答えを与えられることに
今の子どもたちは馴れすぎているような気がしてなりません

自分から答えにたどり着けた喜びを知った子どもは
何事に対しても立ち向かっていけると、私は信じています

 ランキングに参加しています  下のマークをぜひ、ぜひ、ワンクリックおねがいします  ブログを更新する元気のもとになります 

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしも導かれました!

さかさよさん

ゲルのお講義、とってもためになりました
わたしも、読みながら
一緒になって、うま~く 誘導してもらいました

ふ~む♪♪
そうですね・・・・
大人たちは、子どもに答えを教えるのではなく
答えが「!」とくるように うまく誘導したり、
周りの環境を、整えたり、作ってあげることに、
力を注げばよいのに・・・

急いでると、ついつい、教えちゃったり・・・
いけない、いけない!!

本当に、その子に身に着くためには
その子本人が答えを出すことですね
答えを出した”喜び”が 知識を その子のものにするのですね


No title

答えを引き出す・・・ 素晴らしい! これこそ教育ですね。
教育って、「教え育む」って書きますもの。
良い先生=Sakasayoさん に教わっている生徒さんは幸せですね。

私なんか、せっかちなんで待てない! 悪い母親でした。
子供達はもう大人なので、もう遅い。後悔先に立たずv-409です。

「スーホーの白い馬」 懐かしい~

No title

そっか~♪
勉強になります!
導くって、大切だけど。。ついつい簡単な方にっていました
いけないいけない^^
子供たちきっと自分の力になっていますね!
あ~~授業覗きに行きたい~~(^O^)/笑

No title

こんにちは~。

なるほど~。
答えをすぐに与えちゃいけない、
分かっちゃいるけど
時間に追われてたり、他ごとで忙しかったりと
そうしてることもあったかも~~。
やっぱりいろいろ考えるからこそ、
何があっても対処できるように
なるんですね♪
ちゃんと子供たちと向き合わなくちゃ~~。

No title

答えを出すための誘導の仕方、導き方、大事ですよねぇ。
素晴らしい~。

Sakasayoさんは子供たちによくテーマ学習をされてますね。
子供たちとってもいい勉強になるでしょうね。
これは英語でも少し説明されるのですか?

No title

日頃、子供達に質問されても、答えを簡単に教えてしまったり、
「自分で調べてみなさい」というと「じゃあ イイや~」と娘達もあきらめてしまったり・・・
誘導する、興味を持たせる・・・コレが大事なのですね!


反省です(^^;)
私も勉強になりました。

Re: わたしも導かれました!

あきこマミィさんへ

> ゲルのお講義、とってもためになりました
> わたしも、読みながら
> 一緒になって、うま~く 誘導してもらいました

ほんとに???  やったぁ!!
>
> 急いでると、ついつい、教えちゃったり・・・
> いけない、いけない!!

私も、自分の子どもが小さい頃はそうでした
けっこう先回りして注意したりして・・・
でも、小学生くらいになってからは
ほとんど手と口をださなくなりました
でも、これってけっこう忍耐力が必要ですよね
>
> 本当に、その子に身に着くためには
> その子本人が答えを出すことですね
> 答えを出した”喜び”が 知識を その子のものにするのですね

そうなんですよね
自分で答えをみつけると本当に目がキラキラするんですよ
マンガの主人公の瞳のように!!!!
☆がキラ~~~ンって・・・・

Re: No title

ミセス・マープルさんへ

> 答えを引き出す・・・ 素晴らしい! これこそ教育ですね。
> 教育って、「教え育む」って書きますもの。

本当だ!!!!  初めて気づきました!!!

> 良い先生=Sakasayoさん に教わっている生徒さんは幸せですね。

そう言っていただけて・・・なんか恥ずかしい・・・
私もすばらしい生徒達に囲まれて幸せなんです
>
> 私なんか、せっかちなんで待てない! 悪い母親でした。
> 子供達はもう大人なので、もう遅い。後悔先に立たずv-409です。

私も同じです
そして「こりゃ、ダメだ」と気づいたのは小学校に
入ってからでした
>
> 「スーホーの白い馬」 懐かしい~

でしょぉぉ~~~???

Re: No title

ナチュラルママさんへ

> 導くって、大切だけど。。ついつい簡単な方にっていました
> いけないいけない^^

母親も学びながら成長するんですよね
ナチュラルママさんは、まだまだ間に合います!!
がんばって!!!

> 子供たちきっと自分の力になっていますね!

はい、そう願っています

> あ~~授業覗きに行きたい~~(^O^)/笑

へっへっへっ・・・・
また来年!!!

Re: No title

maomaoさんへ
>
> なるほど~。
> 答えをすぐに与えちゃいけない、
> 分かっちゃいるけど
> 時間に追われてたり、他ごとで忙しかったりと
> そうしてることもあったかも~~。

わかりますぅ~~~
私も昔はそうでした

> やっぱりいろいろ考えるからこそ、
> 何があっても対処できるように
> なるんですね♪
> ちゃんと子供たちと向き合わなくちゃ~~。

私はもう手遅れ状態ですけど
maomaoさんは、子育て真っ最中!!
お子さん達と上手に向き合ってください

Re: No title

big-eaterさんへ

> 答えを出すための誘導の仕方、導き方、大事ですよねぇ。
> 素晴らしい~。

本当に大切ですね
>
> Sakasayoさんは子供たちによくテーマ学習をされてますね。

はい、1年中テーマ学習です

> 子供たちとってもいい勉強になるでしょうね。
> これは英語でも少し説明されるのですか?

はい、一応英語教室ですからv-290
たとえば、記事の中に書いた
この家は何でできている?とか
この家はどこにある?なんて質問は英語ですし
子どもたちも英語で返事をします

ただ、深く考えてもらいたいときは日本語OKです
だって英語では発言できなくなっちゃいますから・・・

でも結果が出たところで、それを英語で言いますよ

だから私のところでは
Why? という質問と Because という子どもたちの答えが
すっごく多いんです

Re: No title

カオリーヌさんへ

> 日頃、子供達に質問されても、答えを簡単に教えてしまったり、
> 「自分で調べてみなさい」というと「じゃあ イイや~」と娘達もあきらめてしまったり・・・
> 誘導する、興味を持たせる・・・コレが大事なのですね!

わかります、わかります
でも、子どもって自分の好きなことなら、自分で調べると
思うんですよね
それをうま~~く、のせてあげるのがコツなのかな?
でも、24時間、毎日はムリですよねぇ
>
インフォメーション   
10月23日(月)~27日(金)の各クラスにおいて、ハロウィンパーティーをおこないます。コスチュームを着てご参加下さい。  11月4日に英検Jrを実施します。
プロフィール

Sakasayo

Author:Sakasayo
Sakasayoのブログへようこそ!
こどもに英語を教えて24年
CTPの絵本をコアに、理科、社会、算数、国際理解、環境問題などを英語で教えています

フリーエリア
  ランキングに参加しています。すぐ下のマークをポチッと応援お願いします!! にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

摂氏/華氏 温度変換器
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR