いのちに寄り添う

先週1週間は小学校1年生から5年生までの各クラスで
「いのちに寄り添う」をテーマにレッスンをしました

もちろん、今まで学習したことの総復習もおこないました

「いのちに寄り添う」ためには、一人の人をクローズアップして
その人の体験談を聞くことが一番だと思いました

そこで、下の動画をまず子どもたちに見せました

皆さんもぜひご覧下さい



その後に、「きくちさんにお手紙を書こう」と題して
自分の感じたこと、考え、聞きたいことなど何でもいいから
書いてみよう、という作業を行いました

各学年からなるべく違う内容の文を選びました

ご覧下さい

いのちに寄り添う
小1 Moeka
きくちさんへ   つなみ たいへんだったね    こわかったでしょう?
でも きくちさんは ほんとにつよかったね    たすかってよかったね
きくちさんのいえ つなみでなくなっちゃったけど ひなんじょでもがんばったね

いのちに寄り添う
小2 Sota
きくちさんへ   たすかってよかったですね。あの時こういうことがあったね、と言えるようにがんばってください。 ぼくは3月11日の地しんで、しんど5強でした。ぼくはこわかったです。妹はお母さんにだきついて泣きました。きくちさんには、つなみにながされても、つなみをふきとばすゆうきがあるんだなと思いました。あれからよしんがつづいています。地しんにまけずに がんばってください。

いのちに寄り添う
小3 Yuta
きくちさんへ   むすこさんより自分のしんぱいもしてください。この先新しい家で家ぞくとしあわせにくらしてください。ふっこうをねがっています。

いのちに寄り添う
小4 Satoru
きくちさんへ   3月の地震、大変でしたね。ぼくの住んでいる所でも5強の地震がありました。ぼくはその時に下校中でした。びっくりして、死んでしまうのではないかとも思いました。でも、近くに友だちがたくさんいたのでこわくはありませんでした。なのに、きくちさんはつ波が来た時に1人だったのに、がんばって「生きたい!」って思ったんですよね。もし、ぼくがそんな事にあったら、「もうダメだ。」と思っていたかもしれません。それを乗りこえたきくちさんはすごいと思います。  これからもいろんな事があるかもしれませんが、がんばってください。

いのちに寄り添う
小4 Chihiro
きくちさんへ   きくちさん、家族全員助かってよかったですね。私は、本当に運がよかったのではなく、きくちさんのはんだんが良かったと思いました。きくちさん、こわくなかったですか。もう少しであきらめかけたと思います。でも、きくちさんの「あきらめない気持ち」はすごいです。私もあきらめないでがんばります。

いのちに寄り添う
小5 Shiori
きくちさんへ   きくちさんがつなみにあっても、にげきれてすごいなと思いました。とてもがんばってにげているのがいいなと思いました。私は今、9月のピアノの発表会への練習を毎日がんばっています。たくさん練習して発表会本番のときに上手にピアノをひきたいです。    きくちさんがぶじにきゅうじょしてもらったとき、あんなにすごいつなみだったのに助かってよかったなと思いました。   きくちさんが助かったのはにげるのをあきらめなかったからだと思います。   私も9月の発表会にむけてれんしゅうをがんばりたいです。

いのちに寄り添う
小5 Yui
きくちさんへ   あの時、私は学校でつくえの下にいました。私はとてもこわかったです。でも家に帰りテレビでその時どんなじょうきょうだったかテレビで見た時、とてもむねがいたみました。建物の屋上にいたあの16時間、とてもむすこさんのことを心配されたと思います。でもむすこさんがごぶじでなによりです。私はあれからぼきんを何回か、東北地方へ送りました。おこづかいから少しですがなにかお役に立てたらいいなと思います。
もうわすれられないくらいですが、これからも日本のみんなでがんばっていきましょう。

この手紙を書くのに費やした時間は5~10分ほどです
今日、ご自分のお子さんが寝静まった頃、
Earthquake と書いてある表紙の手作りの本をそっと開いてみてください
最後のページにきくちさんへの手紙のプリントが綴じてあります
ご自分のお子さんが、何をどう感じたのか、ぜひ読んでみて下さい

↓↓ ランキングに参加中です  下のマークを
ぜひ、ぜひ、ワンクリックおねがいします ↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

私もこの映像テレビで見ましたが、あのすごい状況から助かった菊池さん親子のこと、すごく印象に残ってます。

子供たち一人ひとりのメッセージ読ませてもらいました。
一人ひとりの反応は様々でしょうが、きっと命の大切さ学んでくれたことでしょう。

Re: タイトルなし

big-eater さんへ

> 私もこの映像テレビで見ましたが、あのすごい状況から助かった菊池さん親子のこと、すごく印象に残ってます。

このテーマに沿ってレッスンをする際、何を教材にするかすごく悩みました
最初は紙芝居とか、パネルシアターなどを考えていました
・・・・が、同じ日本人が大きな苦難に立ち向かっている姿を見せた方が
良いのではないかと思い、また、菊池さんの場合悲劇的な終わり方ではないので
この映像を使う決心をしました
この前に子どもたちは、津波がどのくらい恐ろしい物が学習済みですから
その津波から生還したと、関心ひとしきりでした
>
> 子供たち一人ひとりのメッセージ読ませてもらいました。
> 一人ひとりの反応は様々でしょうが、きっと命の大切さ学んでくれたことでしょう。

ありがとうございます
ほんの一部しかご紹介できませんでしたが、本当に子どもによって感じ方が
色々なんだなぁと思います
でも、命の大切さ、諦めないことの大切さを学んでくれたと
思っています
インフォメーション   
小・中学生には保護者の方宛てに報告書を渡してあります。ご確認下さい。中学生には夏休みの宿題が出ています。8月26日必着の締め切りです。
プロフィール

Sakasayo

Author:Sakasayo
Sakasayoのブログへようこそ!
こどもに英語を教えて24年
CTPの絵本をコアに、理科、社会、算数、国際理解、環境問題などを英語で教えています

フリーエリア
  ランキングに参加しています。すぐ下のマークをポチッと応援お願いします!! にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

摂氏/華氏 温度変換器
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR